コーヒ豆通販の自家焙煎珈琲屋 小山珈琲(福岡市)はていねいな選別と適正に焙煎した新鮮なコーヒーを計量いらずの1回分・小分けパックで全国発送しています。

保存方法

プロがオススメ!コーヒー豆の保存法

チャックで密封できる・個包装は保存に便利です!さらに食品用保存袋に入れると冷蔵、冷凍保存に適しています


プロがオススメ!賢いコーヒー豆の保存方法とは!

保存方法;

小山珈琲は大量生産ではなく、ていねいな選別と焙煎および手間隙をかけた少量販売で品質、鮮度管理を厳守しています。良質なコーヒーがお好きな方に冷蔵、冷凍保存に便利なPP袋や1回分のチャック式・小分けパックでお届けしています。

焙煎したての新鮮なコーヒー豆は1~2週間までは常温で保存が可能ですが、長期保存にする時は最初から冷蔵か冷凍の保存がオススメです。温度が10℃上がると、酸化スピードは倍になるといわれています。コーヒー豆には脂肪分が含まれているので梅雨時や夏の保存は注意が必要です!

冷蔵保存した豆は取り出してすぐに袋を開封すると中の豆が湿気を帯びて劣化していく心配がありますのでしっかり常温に戻してから豆を取り出さないといけません。

小山珈琲の「小分けパック」なら1回分をそのつど取り出せて、量る手間がいりません。早く冷蔵庫に出し入れすれば豆が湿気たりする問題は少なくなります。

冷凍保存する豆も1回分・少量パックに小分けしておくと便利です。使う時は、1回分のパックを順番に冷蔵庫に移していけばいいし、焙煎したての新鮮なコーヒー豆冷凍保存なら1ヶ月はもつと言われています。

ここに注目

計量しないで使える、3種類(1人分・10g、2人分・18g、3人分・25g)がございます。

3人分・25g、2人分・18g、1人分・10g

1回分の少量パックに入っています。計量の手間がはぶけて使いやすいので便利です。
作り置きではありません。ご注文後に1袋ずつ小分け袋に入れてから発送しますので新鮮です!

コーヒーは焙煎直後から劣化が始まります。おいしいコーヒーを飲むために、豆を大量に買い込まないで新鮮なうちに飲める量を粉ではなく豆の状態でこまめに購入することが一番です。

粉にすると豆より品質の劣化が早くなり、炭酸ガスも多く放出されるためドリップの時に粉の膨らみが弱くなります。さらにコーヒーの命である香りが弱くなりコーヒーを飲む楽しみも半減します。挽いたコーヒーはすぐに使うことが重要です。

焙煎したての新鮮なコーヒーを豆で購入と粉で購入の比較です。

豆で購入粉で購入

ご存知ですか?

新鮮なコーヒー豆の保存小分けパックがいいことを!

1回分・小分けパック

適正に焙煎された新鮮なコーヒー豆は、常温では焙煎後2週間ほど風味を保てますが、冷蔵庫に入れると鮮度はさらに長持ちします。

短期間の保存は密封容器に入れて冷暗所で保存し、2~3週間の保存では密封容器に入れて冷蔵庫での保存をおすすめします。

食品用保存袋に入れて保存した場合は、取り出してすぐ袋を開封すると豆が湿気を帯びて劣化しますので、しっかり常温にもどして開封しないといけません。

小山珈琲の「1回分小分けパック」なら、使う分だけを取り出せますので安心です。
また、焙煎したての適正に焙煎した豆の冷凍保存なら、1ヶ月ほどの長期保存が可能です。

小分けしたものを食品用保存袋に入れていますので、1回分を順番に冷蔵庫に移し、常温に戻してから使いましょう。

気温が高い夏季は冷蔵、冷凍での保存が効果的です。

小分けパックを冷凍保存した豆はよく膨らみます

1回分の小分けパックを食品用保存袋に入れて、冷凍保存にし、冷蔵庫に移して使いました。

1投目~蒸らし2投目・粉の膨らみ
1週間蒸らし2投目
2週間蒸らし2投目
3週間蒸らし2投目
4週間蒸らし2投目


小山珈琲のおすすめ
a:3419 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional